それぞれに合った縛りの探求

緊縛、縄には数多くの型や流儀が存在し各特徴や決まりがあります。

「遊縛民」ではいずれかに捕らわれる事なく、自由に縛り手受け手がいいと思うものを取り入れ、探求してより良い自分達に合ったものに昇華させることを主眼としています。

一緒に良い縛りを見つけてみませんか?

自由に緊縛を楽しむ場所を目指して

主宰はプロでも縛りが上手い訳でもありません、皆さんと同じ一介の縛り手です。

緊縛をやっている過程で、色々あり安定的かつ安心して緊縛ができる場所を作ろうと思い開設しました。

縄欲はあるが縛る場所や機会が中々ないという、自分を初め遊縛している人達が、楽しく自由にお互いを尊重して緊縛ができる環境を参加する皆で目指していきます。

遊縛民では太縄と麻袋での緊縛を探究します

緊縛をやってきた中、責め縄というものに興味を持ちました。ただきついだけではなく、ときには優しく包み込むように、ときには厳しく追い詰めるようにする縛りを探求しています。そのなかで、太縄と麻袋での緊縛を一つの答えとしてたどりつきました。

 主宰

 遊縛民  縛龍